外壁塗装について塗装や工事内容を勉強したかたでも一番気をつけなければいけないことがあります。

それはなんでしょうか???

答えは「業者選び」です。

「そんなのわかってるよ!」という声が出てきそうですが、本当に業者選びは重要なことです。

良い業者を選ぶことも重要ですが、悪い業者、つまり、悪徳業者に引っかからないようにするためにも予備知識をつけておく必要があります。

「え?外壁塗装で悪徳業者なんているの?」と初耳の方は警戒心高めて下さい。

そして、ここで学んでください。

ここでは、ダマされない選定方法の前に、ナゼ外壁塗装業界に悪徳業者にいるのか業界の裏話も含めてご紹介していきます。

再び急増中の悪質リフォーム問題


リフォーム被害が多いのは、他でも触れましたが、訪問販売業者等との契約によるものが77%です。

こうした悪質な訪問販売によるリフォーム工事での被害が後をたちません。

こうした訪問販売では、(いちど契約すると、同じ業者や別の業者から次々と不要な工事の契約を迫られた)とか、(いちど断っても何度もきて、しつこく契約を迫られた、無料で耐震診断しますと言いながら、補修、修繕しないと地震の時に倒れてしまう」などと危機感をあおったり、長時間居座って、「今契約すると半額だが、明日なら通常価格になってしまう」などと強引に法外な値段での契約を迫ってくると言う悪質な業者もいます。

訪問販売業者の営業でやってくる人は、実際に工事を担当するわけではないので、建築やリフォームの知識や経験がほとんどない素人がほとんどです。

契約が取れればそれでいいと言うスタンスで、後は提携の工務店などに丸投げと言うわけです。適切な建物診断ができるわけでもないので、見当違いなリフォーム工事をやらされる羽目になってしまいます。

目先の売り上げ優先の営業ですから、関係のない工事まで無理やりに進め、思いがけない高額のリフォーム工事になってしまったなどと言う例が多いのです。

くれぐれも、こうした訪問販売の悪質業者に引っかからないように注意してください。

もし万が一、こうした本の販売業者と契約してしまった場合には、8日以内なら、葉書や封書などで契約の解除(クーリングオフ)ができますので、怖がらずに行動することです。

塗装業界に悪質業者が多いのには理由があります


全勝でも降りましたが、リフォームの中でも、塗装業界、日本無線行外車に悪質業者が多いとも言われています。

私と同業者の中にそうした顧客の信頼を裏切る業者が多いのはとても残念なことですが、なぜそのような業者がはびこるのでしょうか。

外壁等の塗装は、本来10年以上持つはずの塗装が、塗装工事から数年、ひどい場合には数ヶ月で剥がれてしまったなどと言うことがあります。

これは塗装前の洗浄が不十分だったり、質の悪い安い塗料を使ったなど、様々な理由が考えられますが、塗装した直後には、一般の人にはそれが手抜き工事だと言うことを見破るのはとても難しいと言うことがあります。

そしてまた、塗装工事の手抜きはいくらでもできてしまうのです。

1,000,000円支払っても、実際は50枚の価値しかない工事だったりします。

「塗装工事には低下がない」とも言われます。

100平米で1,000,000円などと、適当な基準で見積もられても、それが高いのか、安いのかと言う判断が、一般の人にはできません。

しかし、定価がないと言うものの、相場と言うものがあります。

それが相場に照らして高いか、安い日を極める必要があります。

工事の側は、①ペンキなどの塗装材料費②人件費(職人の日当等) ③利益(会社の営業費、手数料)で相場が決まります。

こうした悪質業者の見積もりに対して、皆さんが適切な判断ができないのは、やはり塗料や塗装工事の事についての知識がないからです。

そこにつけこまれ悪質業者の言いなりになってしまい、結果として知らないところで手抜きをされてしまうのです。

悪質業者が使う代表的な手口の内容


・契約を急がせる!
口約束で工事を決めようとしたり、「ただいまキャンペーン中で、本日契約してくだされば、大幅に割引します」などを契約を急がせる業者には注意が必要です

・不安を煽る勧誘をする!
「このままだと大変なことになる」「今すぐ工事しないと取り返しのつかないことになる」など、必要以上に不安を煽ってきます。

・長すぎる耐久年数を提示してくる!
塗料は最も長い耐久性のあるものでも20年です。にもかかわらず、「30年持ちます」などの耐久年数を大げさに言ってくる業者を信用してはいけません。

・ありえない値引きをしてくる!
「ホームページ掲載やモデル工事をさせていただいたら特別価格で半額にします」や、「足場代をサービスします」など、過度な割引やサービスには注意が必要です。

塗装業界の非常識裏話


塗装・リフォーム業界には、次のような詐欺まがいの営業マンが横行しています。
営業間の実際の話をここで紹介しましょう

「今、何人かの見込みを持っているから、お宅で雇ってくれませんか?」
とリフォーム会社に面接に行きます。見込みとはこれから契約してもらえそうな「見込み客」のことです。

どこの「塗り替え・リフォーム」業者も、新規の見込み客探しに必死になっていますので、見込み客を持ってきてくれる営業マンは大歓迎です。

しかし、その営業マンの目的は、「営業マンとしての固定給もらうことだけ」だったりします。営業に出て会社に帰るたびに、「いやー今日はだめでした。また明日がんばります!」とか、「また次の見込みがあるから大丈夫です」とか、調子のいいこと言います。

そして、その営業マンは、毎日毎日がんばっている姿を見せるのですが、以降に仕事をとってきません。
しかし、やる気があるので、2ヶ月ほどは、その会社で面倒みてもらえます。
ではなぜその営業マンは、仕事をとってこないのでしょうか?
それは、取れた契約を会社に入れるのではなく、自分で直接、知り合いの業者や、昔人の仕事を出している(横流し)からなのです。

◇横流し営業マン
◇固定給泥棒営業マン
◇他の会社の名刺を勝手に使って営業する営業マン
◇自分の見込み客を同行他社に売って稼ぐ「情報提供」営業マン

これらは、建築リフォームの中でも、塗装の営業は完全歩合制の場合が多く、その場合は、一見の塗装を契約すると平均150,000から350,000円と言われますから、月20件以上契約すれば1,500,000円から3,500,000円の報酬を得ることができるわけです。
他業種の営業だった人でもこの歩合の良さに即席の営業マンに転職してきます。
こうした塗装・リフォーム業界の慣習や営業の手法によって、実際の塗装・リフォームの知識も経験もない営業マンの口車に乗せられて、愛の工事が行われクレームが後を絶たないことになるのです。
悲しいかな、この現実がまだまだ起こっている業界なのです。
また、塗装リフォームを発注するのは、あなたならどんな業者選びますか。

①塗装業者:「〇〇と争点」
②塗装メーカー:「〇〇ペイント」
③リフォーム会社:「〇〇リフォーム」
④住宅会社:「〇〇工務店」

これらに加えて、「直接俺に発注すれば、会社に出すより安くできるよ」などと言う職人さんもいたりします。
このいずれも、すべて塗装リフォームをやっていますから、業態だけでは、なかなかどの業者を選ぶのかは難しい問題です。

ほとんどの人が入り込んでしまう失敗の入り口


一般的に、リフォーム・塗装業者を選ぶときには、ほとんどの人が毎日のようにポストや新聞に導入されているチラシや情報誌を見て、その複数の業者に「見積もり」を依頼することが多いと思います。

複数の会社に見積もらせた中から、1番安い会社に依頼する、それで良いのではないかと思われますが、果たしてこれが失敗の入り口なのです。
この複数の見積もりの結果、この本の冒頭のマンガにあるように

A社は…… 800,000円
B社は…… 2,000,000円
C社は……1,200,000円

この段階で、お客様の目は、単に「値段の良さ」的に奪われています。

この後に値段交渉しても、結局「うちは同じ材料で安くやってあげますよ」などと言う甘い言葉に騙されてしまいます。また押しの強い業者から押し込まれると、不本意ながら契約してしまうなんていうことも少なくないでしょう。

塗装・リフォームといっても、元の塗装がどんなものであったか、どんな工法で行われたものなのかをきちんと見極めなければ、適切なの塗り替えはできません。それにはやはり熟練した経験と技術が必要なのです。
ただチラシなどで「安さ」だけを強調しているの業者を信用してはいけません。
もちろん業者にとってもお客様にとっても適正な値段と言うものがあります。
その結果、文句を言っても「あの値段ではここまでしかできない」とか、「追加の工事は別料金になる」などと言って、結果的には高いものにつくと言う、「安物買いの銭失い」なんて言うことにならないように、値段だけでなく、工事の中身や材料などにも注意を払えるようにして欲しいのです。