外壁塗装を考える人のほとんどが、適切なタイミングで外壁を塗り替えたいと思っているはずです。
建物の資産価値を守ると同時にメンテナンス費用を最小限に抑えるためにも、タイミングよく塗り替えることが大切です。
塗装は時間の経過とともに衰え、塗り替えの必要が生じるのですが、塗料の種類にいよって耐用年数が違うので塗り替えの時期もそれぞれ変わってきます。
耐用年数10年の塗料であれば30年間で三回塗り替える計算になります。
ところが、耐用年数15年の塗料であれば、30年間で二回の塗り替えで済みます。
つまり外壁お維持費用最小化のためには

①耐久性が短く、安い塗料で短い周期で塗り替えを行う
②耐久性が長く、高い塗料で長い周期で塗り替えを行う

のどちらかになります。

当然ですが、耐用年数の長い塗料のほうが材料費は高くなりますが、実は塗装工事費用の大半は職人さんの人件費や足場代です。
ですから、材料費が少々高くても耐久性のある塗料で塗ったほうが、長い目で見ると工事費用は格段に節約できる可能性があります。
仮に耐用年数が10年の塗装工事費用が100万円で、耐用年数15年の塗装工事費用が120万円だとします。
そうすると耐用年数10年の塗装工事であれば、30年間で300万円かかります。
しかし、耐用年数15年の塗装工事の場合は、30年間でかかる費用は240万円です。
これが外壁塗の維持費用です。
一回の工事費用が高くなっても二回の塗り替えで済ませたほうが、長い目で見ると60万円も安上がりということになります。
耐用年数を長くして塗り替えの回数を減らすことを考える必要がありかもしれません。
ただし、外壁以外の木部や鉄部、屋根など、部位によって劣化の進み方が違ったり、突発的なダメージを受けてしまう場合もありますので、①か②のどちらかを選択するかは、状況に応じて判断することになります。