ここでは塗装の種類について紹介していきます。
前のページで、「耐用年数は少なくて、値段の安い塗料」を使うか、「耐用年数が長くて、値段も高い塗料」を使うかは、塗り替え周期を10年以内の短い周期にするか、15年くらいの長い周期にするかで変わってくると説明しました。

外壁塗装に用いる塗料は、国内三大メーカー(日本ペイント、関西ペイント、SK技研)だけでも、耐用年数や目的、値段によって、数多くの種類があります。どれを選ぶかは塗り替えを依頼する業者に目的や耐用年数を目安に、きちんとしたあなたの希望を伝えることが重要になってきます。自分の家にあった外壁の塗料選びのためには、お客様ご自身も塗料について最低限の知識を持っていることが大事になってきます。やや専門的な内容ですが、塗料の概略をつかんでおくことは、塗装業者の見積もりや工事内容をチェックするときに役立つ知識です。

5種類の建築塗装用の塗料


アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素、無機塗料の5種類です。
この中で、フッ素、無機塗料が耐久性高くなり、値段も高くなります。
建築で用いる塗料は、塗膜を作る主な原料である「樹脂」と、塗料に着色したり、サビ止めなどの特殊な性質を加える「顔料」、沈殿防止剤などの塗料・塗膜を安定させるための「添加剤」の三つで構成されています。
したがって、その主成分である樹脂の種類によって分類することができるのです。

アクリル塗料(耐用年数3年〜5年)

主成分である合成樹脂がアクリル系の塗料です。透明で強度が高いので、色をくっきり鮮やかに出す効果があります。
軽量で、低価格、重ね塗りができるので、短いサイクルで色を塗り替えることができます。かつては広く外壁などに利用されていましたが、耐久年数が短いため、最近はあまり使われなくなっています。
こまめに塗り替えをしたい場合には使い勝手がいい塗料です。

ウレタン塗料(耐用年数7年〜8年)

主成分である合成樹脂がウレタン系の塗料です。
アクリルと塗料より防水性、耐久性が向上しています。値段もお手ごろな塗料といえるでしょう。
塗膜が柔らかく仕上がることから、さまざまな素地として多く利用されています。
密着性はシリコン系やフッ素系よりも優れているので、塗装の剥がれなどを補修するのに効果があります。
価格と効果を考えると、ウレタン系塗料は、コストパフォーマンスに優れたバランスの良い塗料といえるでしょう。

シリコン塗料(耐用年数10年〜20年)

主成分である合成樹脂がシリコン系の塗料です。
耐水性、耐汚性、耐候性があり、耐久性も優れています。
太陽年数が長く、値段はウレタン塗料よりも高いけれど、現在では、外壁塗装では主流となってきています。
長い目で見れば、耐用年数が長い分だけ塗り替えの頻度が減るので、トータルでは工事費が安く済むといえます。

フッ素系塗料(耐用年数15年〜20年)

主成分である合成樹脂がフッ素系の塗料です。塗膜の寿命が非常に長く、耐久性は20年とも言われ、現時点では最高の耐久性があります。
その他にも耐熱性、耐寒性、低摩擦性、不燃性など数多くの機能の特徴があります。
しかしその分現時点では、非常に値段が高いため、一般の住宅では使われることがあまり多くないようです。
耐熱性を生かして屋根の塗装などに使われている程度です。
今後値段が下がればメインの塗料になるのではないでしょうか。

無機塗料(耐用年数20年以上)

「無機」というのは、炭素を含まない化合物と言う意味で、無機化合物に対して有機化合物がありますが、アクリルやシリコンウレタンなどが人工的に作られた樹脂が主成分の有機塗料です。
これに対して「無機」はガラスや鉱石のように紫外線で分解されない物質です。無機塗料の原料はカラスやセラミック、ケイ素が主なものですが、有機だけでは硬くて乾燥した際に塗膜にヒビが入ったりしますので、正確には無機と有機の化合物塗料です。
無機塗料は、高耐久性、高耐寒性、高耐候性、耐汚染性、耐熱・不燃性に優れています。
つまり、立花に強く、天候に対しの耐性があり、ヨコレイを雨水等で流しを落とすことができ、燃えにくく延焼を防ぐと言う優れた特性を持っています。
そうした特性によって、20年以上の超耐久性を有する現時点では最古の塗料ですが、それだけに高価なので、雄の高給取り男だといえます。

その他の次世代型の塗料


最近では、美観や防水性の向上の他にも、太陽熱を弾いて外壁・屋根の温度を下げて室内の温度も下げる効果がある「遮熱塗料」などもあります。
さらに、太陽光で汚れを浮かせて雨によって洗い流し汚れが付きにくくすると言う「光触媒塗料」なども登場しています。
「光触媒塗料」は、汚れが付きにくいだけでなく遮熱効果と空気中の汚染物質を分解して建物の周りの空気を浄化する効果もあります。
環境負荷を減らすエコな外壁塗料です。
環境に良い家づくりをお望みのお客様で値段が高くなってもいいと言うお客様ならば、この「光触媒塗料」を選ぶのもいいと思います。
今後、大いに注目される次世代の塗料です。ただしこの塗料は点検時点では認定瀬港店でなければ取り扱ってない特殊な塗料です。