塗り替えで失敗しないためのポイントはこの3つ

塗装・リフォームで失敗するしないためには、どうしたらいいのでしょうか

ここまでにも言ってきたことですが、失敗しないためには、つまるところ「業者選び」に尽きると言うことです。では、その業者との出会い、見極めをするためのポイントを説明したいと思います。

チラシなどで見つけた業者に連絡し、担当者がやってきます。
まずその時に、その影響も知り、どんな会社なのか、どんな実績があるのかを見極めることが大切です。

結論から言えば、注意したいのは、以下の3つのポイントです。

1. 担当者(営業マン)を知ること
2. 職人さんは、どんな人か聞く
3. 施工済みのお宅を紹介して見せてもらう

1. 担当者(営業マン)を知ること


では、まず最初に①の「担当者(営業)を知る上で注目するべき点はどんな点でしょうか。

営業マンや担当者は、あなたの家の状況を見て、適切なリフォームを提案する立場の人ですが、都心や都市部では戸建て住宅が減る傾向にあり、リフォーム業者も必死で仕事を取りに来るので、歩合制の営業マンの中には、必要のない工事は不適切な工事を提案してきたりする悪質な人もいます。

しかし、誠実でお客様の立場に立って営業してくれる人もいます。
人を見極めるのは、人生経験がないと難しいことですが、戸建ての家を建てて、リフォームが必要になる頃の人であれば、十分にその人生経験を積んでいるとも言えるでしょう。
その上で、簡単にその担当者(営業マン)を見極める点を挙げると、次の3つになります。

「担当者(営業マン)を知るための3つの注意点」


・見た目
・話し方
・雰囲気

「見た目」は、まずは第一印象と言う事ですが、きちんとした折り目正しい態度であるか、古くても清潔な服装や身なりかどうか、案外見た目と言うのは大切なのです。

「話し方」は、ハキハキとものをいい、あいまいな言葉を使わないかと言う点です。その上で乗り換え等の専門知識をわかりやすく説明してくれるかどうかです。

「雰囲気」ですが、気軽に話を聞いてくれるが、仕事に関する考え方が「お客様本位」の立場を持っているかどうか。いろいろな会社を渡り歩く夜の営業間の場合には、どこかやさぐれた雰囲気を持っている人がいます。
押し売りと同じように自分のペースで話しまくっていてお客様の話を聞いてくれないような営業マンは、もってのほかです。まず信用できないと言うべきでしょう。

2. 職人さんは、どんな人か聞く


塗装・リフォーム業者を選ぶときに、最も重要な要素は、言うまでもなく実際に工事をする職人さんです。営業マンと話をしていても、それを実施するの職人さんですから、その職人さんがどんな技術を持っているのか、どんな人たちですか?と言う質問をしてみることです。
塗装・リフォームの業者には、今いる街の工務店から、営業中止に色には下請けの職人を使う営業外車、大手チェーンの相互リフォーム、、塗装職人の専門店、個人営業の塗装職人まで、様々です。
塗装職人の専門店以外は、ほとんど実際の作業をする職人は、自社の社員職人ではなく、下請けの色になることが多いといえます。
下請け職人だから手抜きをすると言う事はありませんが、下請けであると言う事は、会社からの発注金額は通常の半分から3分の1の手当てしか出ないなどと言う手もあり、不本意ながらも手抜き工事に手を染めてしまわないとも限りません。
塗装についてであれば、自社の職人を抱えている塗装専門店が、そうした意味で1番でしょう。
会社の大小は関係ありません。その会社が職人さん達を直接雇用して、どんな教育をしているのか、会社案内や、可能ならば職人さん達の写真や名簿やプロフィールなども見せてもらえば、どんな会社なのかがわかるはずです。

3. 施工済みのお宅を紹介して見せてもらう


職人さんが見つかったら、その業者はどんな仕事をしてきたのかを見てみることです。施工済みのお宅を紹介してもらい、施工宅に直接その業者の評価を聞きに行くことです。
そんなことを聞いたら業者が起こるんじゃないかとかを心配する必要はありません。自分たちの工事に自信を持っている業者なら、快く紹介してくれるはずです。
そこを訪ねて、率直にその業者の工事についての感想や評判を聞けば、どんな業者なのかがわかると言うものです。
ちなみに私は、塗装・リフォームと言うのは、あくまで地域密着方でなければならないと思っています。何か不具合があった場合にはすぐに駆けつけて対応できる、そしていい加減な工事が手抜きをして地元でも評判が落ちてもどこにも逃げ出せないですから。
そういう意味で地元密着の業者であれば、施工宅を見に行くにしても、多分車で1時間以内の場所にあるはずです。

また、実際に成功宅を見に行くのが大変だと言う場合には、その業者に寄せられたお客様からの声(感想)を見せてもらうのも良いでしょう。
各会社のホームページなどに、施工実績を工事前と工事後の写真を加えて、お客様の声を紹介しているところも多くなってきました。
お客様の声を読むことで契約に結びついていると言うことも事実あります。
例えばあなたも、ネット上で何かものを買うときに迷ったらお客様の声などを見たりしませんか?
またその感想をもとにがんばっているスタッフもいると言うこともあり、ホームページでは嘘がつけないのです。