外壁はなぜ塗り替えが必要なのか


他のページでも紹介しておりますが、外壁を塗り替える理由をしっかり把握されているでしょうか。
建築してから10年ほど経ちますと、建物全体が腐食してきます。
これは海の塩害、雪によるサビなど地域特性の傷む理由ではなく、全国共通して言えることです。

つまり、建物から腐食が進むのを守っていくことが外壁塗装をする理由に挙げられます。
単に塗り替えることが、見栄えも一新します。

劣化はどの地域で立てても防ぐことはできません。
年数が立てばおのずとやってくる運命です。

特に外壁は、塗装と油膜のおかげでキレイな状態を維持していても
年数によって油膜が効果が薄れ、見た目も煤けてしまいます。

最近では、100年持つ住宅とかなり長い期間住宅を維持できる、という宣伝も多く見かけます。
ただ、何もしなくて言い訳ではありません。。

しっかり年数に合わせたメンテナンスをすることで、建物全体を維持することができるのです。

身近な例で言いますと、車なんかもそうですよね。
車検が二年ごとにありますが、車検をしっかりこなすことで、より長く車を維持できる、ということにつながります。

建物に関しては、車のように車検を通さなければ住んではいけない、という法律がないので、
関心が鈍いかもしれませんが、伝えたいことは車と一緒でメンテンスは必要です。

区分建物である分譲マンションも車と同じく重なる点がありますよね。

そうです、大規模修繕のために修繕積立金です。
この区分マンションの場合は、管理組合が管理してくれるので、安心なんです。

だた、戸建住宅は、それぞれの施主が管理していくことが当然ですので、
不具合が生じる前に定期的な点検とメンテナンスを心がけましょう。

具体的にいつ塗り換えればいいのでしょうか

塗り替えの目安: 10年に1度

かつて外壁の塗り替えのタイミングは、新築から6年ごとにというのが一般的に言われていましたが、最近は塗料の質の向上もあり、概ね10年から12年が塗り替えの時期の目安と言われています。

新築から5年経つと鉄部と木部の塗料が劣化し手入れが必要になってきますが、鉄部や木部の塗り替えは、可能であればこの段階で行うのが理想です。
ただ、木造家屋でも窓などはアルミサッシがほとんどで、鉄部、木部は少なくなっているので、最近は5年にこだわらなくても良いと思います。そしてさらに5年経つと、建物自体の長持ちに影響のある外壁や屋根の塗装の塗り替えが必要になってきます。したがって、10年に1度の外壁の塗り替えが適切といえます。
しかし塗料の種類や、日当たり、風の通やすい場所や湿気のこもりやすい場所など、同じ建物であってもその条件によって劣化のスピードは違ってきます。
実際には紫外線のよく当たる南側や直接日光に当たりづらい北川など、建物の面によっても理科の進行は異なってきますのであくまで一般的な意味で「外壁の塗り替えは10年が目安」と言うことです。