ここでは劣化箇所の確認として全体像を紹介します。
個別でも詳しく紹介しますが、まずは大まかに何をどのようにチェックしたらよいか参考にしてください。

外壁


塗り替えでは最もメインになるのが外壁です。この塗装によって建物の飲酒は一新されることになります。
まずは、外壁の汚れやくすみ、色あせをチェックします。さらにひび割れや塗装のはがれや膨れがないかも細かく見ていきます。日の当たりにくい北側の庇の下など湿気の多い場所には、カビやコケ、藻が発生している場合があります。
苔は放っておくとカビが発生したりしますので、塗り換えの時には、バイオ洗浄等で殺菌してから塗装することになります。

屋根


屋根は、風雨から建物全体を守ってくれる最も重要な部分ですが、普段はなかなか見ることができないため、劣化のチェックが難しいとも言えます。屋根の部材は、瓦などの粘土系のもの、トタンなどの金属型のもの、そしてスレート型の3系統に分類できますが、現在では、スレート形でコロニアルと呼ばれる特殊赤面セメント板を使用したものが約7割だと言われています。
いずれの場合も、一定の時期に葺き替えるか、塗装の塗り替えが必要になります。スレート屋根の場合、通常7年から10年で防水性がなくなると言われています。

鉄部


住宅には鉄をはじめ、亜鉛メッキ鋼板店から鋼板、アルミ、ステンレスなど金属系の外装材も多く使われています。野外の階段やフェンス、物干しやベランダの手すり、サッシ等の建具です。
鉄部はサビが発生しやすく、発生して放置しておくと、腐食に至ります。そうなった場合には塗装のし直しでは済まなくなりますので、発見した場合には速やかに処置することが大切です。
鉄蕪のサビは、しっかりとサビを落としておいて、サビ止めを施してから塗装し直しとなります。
金属系の外装材の場合には、その材質、既存の塗膜の種類を事前に把握して適切な下処理と塗装の仕事を選ばなくてはなりません。

コーキング


コーキングと言うのは、建物の機密性や防水のために、サイディング外壁やサッシ廻り、タイル等の隙間を目地材などを詰めて防ぐことです。
その材料であるパテなどをコーキング剤と言いますが、種類や用途なども数多く、材料も工程も「コーキング」と呼ばれています。
「シーリング」と呼ばれることもありますが、一般的に同じことです。
このコーキングも外壁と同様、日光や風雨による経年劣化で、汚れや色あせが出て、約10年ほどでシワや硬化によるひび割れが発生します。
ひび割れなどの状態になると、雨水等が侵入することになり、シロアリの端谷家自体の腐食を進めてしまいます。劣化が退色程度の場合には、コーキング部分を含めて塗り直すことも可能ですが、壁材等のひび割れが出ている場合には、コーキングを打ち直すことが必要です。