外壁の塗り替えを行うためには、業者にあなたのお宅を見てもらい、工事の中身を見積もってもらい、そこから実際に工事がスタートします。
ところが、塗り替えをすでに経験した人でもその作業がなんのために行われ、どういう手順で行われているのか案外ご存じないということがあります。
そこで、実際に塗り替え工事がどんな流れ、手順で行われるのかを知っていただきたいと思いますので、これからその流れ、手順を紹介します。

塗装工事の流れまとめ


外壁との塗装

1.ご近所への挨拶回り
2.足場の設置
3.外壁・屋根の高圧洗浄
4.塗り前の下準備・養生
5.下地処理・調整(ひび割れ、剥がれ、ふくれなどの処理)
6.外壁下塗り(一回目・下地によっては二〜三回)
7.外壁の中塗り(二回目)
8.外壁の上塗り(仕上げ塗り、三回目)

屋根の塗装

9.屋根のサビ止め塗装、下地処理
10.屋根の下塗り(下地によっては二〜三回)
11.屋根の中塗り
12.屋根の上塗り(仕上げ塗り)
13.付帯部の仕上げ塗り(下塗り→中塗り→仕上げ塗り)
14.確認検査・足場撤去

以上が大まかな塗装工事の流れです。細かな工事手順などは省略してますが、全体的な流れを理解してください。
そして、塗装は基本的に、下塗りから中塗りを経て、上塗り(仕上げ塗り)まで、最低三回は行われるものだということを知っておいてください。

では、ここから各行程についても見ていきましょう。

外壁の塗装

1.ご近所への挨拶回り

塗装業者は、塗り替え工事をする前に、必ず施工現場のお宅のご近所へご挨拶回りをします。
塗装作業が始まると、作業車の出入りから、作業中の騒音、塗料はシンナーなどの臭いなど、注意しながら作業を進めていても、どうしてもご近所にご不便をかけることになります。
事前に予想されるご近所トラブルを避けるためには、工事期間のスケジュールなどをきちんとお伝えしながらご挨拶しておくものです。

2.足場の設置

外壁塗装の作業を始めるにあたって、建物全体を覆うように足場の架設を行います。
屋根から外壁の塗装作業をスムーズに進める上で、作業する職人の安全を確保しながら、彼らが安心できる安定した足場を組むことは、塗装工事の品質にも大きな影響を与える重要な工程なのです。鉄骨を組むため、どうしても「カーン、カーン」とうるさい音が出てしまいますので、ご近所の方にも充分理解してもらえるように足場を組む前に業者がご挨拶に回るのが一般的です。
そして、この足場ができたらそれを覆うように、メッシュという飛散防止ネットを張り、塗料やゴミが近隣の建物につかないような配慮をします。

3.外壁・屋根の高圧洗浄

塗装を施す場所(外壁や屋根など)に付着しているホコリ、汚れ、カビ、コケ、劣化した塗料の粉などを高圧の洗浄水を使って洗い流します。
この洗浄は、塗装工事の中でも最も大事な下地処理作業のひとつで、この作業をおろそかにすると、塗装をしてもあとで剥がれやすく膨れが出たり、「塗膜欠落」が起こる場合があるのです。
通常の戸建て住宅の場合、外壁だけなら半日、屋根まで行う場合にはほぼ一日の作業時間がかかりますが、この高圧洗浄を行っている間にも、良い職人は、全身がずぶ濡れになりながらも。どこにどんな痛みがあるのかを確かめながら作業を進めているものなのです。

4.塗り前の下準備・養生

「養生」というのは、サッシ窓など塗料を塗る必要のない部分をビニールや養生テープでカバーすることです。
また、治療が家の周辺や植木、駐車中の車や自転車などに飛び散らないように。養成シートカバーします。このとき、塗装するところとしないところの境界線をきれいに出すことが仕上がりを美しく見せるコツです。が、実はこれこそ職人の腕の見せ所なのです。
養生テープをまっすぐに貼るなど。テープの貼り方ひとつで仕上がりが違ってきます。
この作業を丁寧にしないで適当にやってしまう職人だったら、いい塗装は絶対にできません。
住み慣れた我が家とはいえ、塗装期間中は足場が組まれ養生され、普段とは違う環境で過ごさなければなりません。
事故など起こさぬように住まいの方も注意が必要です。

5.下地処理・調整(ひび割れ、剥がれ、ふくれなどの処理)

外壁のひび割れやふくれ、剥がれなどの処理をはじめ、サイディングなどの外装材の目地(部材間の隙間・継ぎ目)の補修などを下地処理、下地調整と呼んでいます。
建物の劣化を防ぐためにも塗装の前に凸凹や亀裂、欠損やピンホールなどを削り取ったり埋めたりする作業を行います。
外壁塗装後に発生するトラブルの原因の80パーセント以上が下地処理の不良が原因と言われています。
養生や高圧洗浄などと同様に、これもまた大切な作業工程です。

6.外壁下塗り(一回目・下地によっては二〜三回)

塗装は基本的に下塗り → 中塗り → 上塗りの三回の重ね塗りが行われます。「塗り」の一番はじめの作業が「下塗り」で、外壁にしっかり塗料を定着させるために接着剤的な役割を持っています。
ここのあとの中塗り、上塗り(仕上げ塗り)の塗料が壁面にしっかりと定着するよう、壁との密着性を高めるための作業です。
壁面の強度を高めるためにシーラー(下地強化材)と呼ばれる塗料を塗っていきます。
透明または白やクリーム色の塗料で手塗りの作業はじまったら、下塗りの作業をやっているのです。材質、作業状況、劣化具合などにより塗りの回数が増減することもあります。
仕上がりに差が出るので、ここはしっかりやってもらいましょう。

7.外壁の中塗り(二回目)

下塗りが終わると、お客様のご希望の入りの塗料を使って、中塗りと、上塗り(仕上げ塗り)は、基本的に同じ塗料を使うので、業者によっては「上塗り二回」などと呼んでいることもあります。
この中塗り工程により、下地材を保護し、色とつけ美観的にも美しく完成させることができます。

8.外壁の上塗り(仕上げ塗り、三回目)

通常、外壁塗装は、下塗り → 中塗り → そして上塗りと三回の塗りが行われますが¥、三回目の上塗り(仕上げ塗り)は、仕上がりの見た目と強度を決定する、まさに最後の仕上げとなる重要な工程です。
まれに一日で中塗りまでやってしまう業者があると聞きます。
しかし、乾ききっていない塗料の上に塗料を重ねても塗料本来の性能が発揮できません。
そういう業者がいたら要注意です。

屋根の塗装工事の作業工程

9.屋根のサビ止め塗装、下地処理

外壁の時に行った高圧洗浄ですが、スレート系と呼ばれる薄い陶板を屋根全体に貼り合わせたカラーベスト屋根(コロニアル屋根)などの洗浄は通常の高圧洗浄だけでなく、奥の汚れやコケやヌメリまで落とすことのできる「高圧トルネード洗浄」というものを使ったりします。
ここでの洗浄が塗装の良し悪しに大きく関係してきます。
洗浄が終わって、棟のトタン(鉄板)部分などは、下塗りの錆止め塗料がのりやすくするためにサンドペーパーや電動のサンダーという道具を使ってサビを落とすなどの下地処理をしていきます。
この工程を「ケレン」と呼んでいますが、トタンなどの金属面の荒れた面をなめらかにして、塗装しやすい状態にする作業です。
手間のかかる作業ですが、このケレンをしっかりしていないと、本来10年持つ塗料であっても、数年で剥がれてしまうなんていうこともありますから、ここもしっかりと細かくチェックしながら作業を進めていきます。

10.屋根の下塗り(下地によっては二〜三回)

屋根が完全に乾燥してから、徹夜金属の部分には下塗りとして錆止めを塗り、カラーベスト瓦には外壁と同様に下塗り剤のシーラー(またはプライマー)と呼ばれる下塗り剤を塗っていきます。
このあとの中塗り・上塗りの塗料と屋根をしっかりと密着させる接着剤の機能を果たすもので、均一に仕上げるための下地を作っていきます。
古い屋根ほどシーラーを吸い込みますが、屋根を長持ちさせるためには、多少時間や予算がかかってもシーラーを十分に塗ることが大切なのです。
ちなみに、シーラーとプライマーの違いは単に呼び名の違いで、機能や役目は同じです。
一般的に水性のものをシーラー、接着剤系をプライマーと呼ぶことが多いようです。
また、カラーベスト屋根などの場合は、一枚一枚の薄い板を貼り合わせていきますが、上から入ってきた雨水は、この板と板の隙間から逃がす構造になっていきますので、この上から塗装をすると、塗料で板の隙間が塞がったままだと雨水を逃がす場所がなくなるため屋根が腐食することになるため、これを防ぐために「縁切り」という作業をします。塗料を塞がった隙間を切る道具を用いて一枚一枚開けていきます。
最近はタスペーターという確実にすk間を作るための部材もあり、これを使用している業者であれば良い塗装工事ができる業者だといえるでしょう。

11.屋根の中塗り

下塗りが終わったら、一定の時間を置いてから中塗りをします。
ここで、お客様の希望の色に塗っていくことになります。
基本的には大小のローラーと刷毛を使った手作業で塗っていきます。
中塗りと上塗りは通常、同じ塗料を使うのが基本ですので、「上塗り二回」などと呼ばれます。
この中塗り〜上塗りの工程によって、紫外線保護や防水の機能を屋根材に与え、下地材を保護すると同時に、色をつけ美観的にも美しくなるように丁寧に完成させていきます。
施工は刷毛とローラーが基本ですが、時間がないとか特別な理由がある場合には、ふきつける工法もありますが、吹付けはミストと呼ばれる極微細な塗料が周囲に飛散したりして、ご近所トラブルの元にもなりますので、基本的にはやらないほうがいいでしょう。

12.屋根の上塗り(仕上げ塗り)

中塗りと同じ塗料で上塗り、つまり仕上げ塗りを行います。
この上塗りは、最終的な外観の見た目と屋根の耐久性を決定づける、文字通りの最後の仕上げです。溜まりやムラがない様に均等に塗っていきます。
この仕上げ塗りを丁寧にすることで、紫外線や酸性雨で受ける劣化を抑え、汚れなどもつきにくくできますので、長く家の外観を美しく保てるようになります。
仕上げ塗りが終わってみると、かつてくすんで汚れていた屋根が輝く様なツヤのある美しい屋根に蘇っているのに感動するに違いありません。

13.付帯部の仕上げ塗り(下塗り→中塗り→仕上げ塗り)

付帯部とは、「破風板」「軒天」「雨どい」「水切り」「幕板」「雨戸」「戸袋」「配管」などのことです。
これらの付帯部も外壁同様、雨どいやベランダの柵、雨戸などの鉄部はサビを落とすなどの「ケレン」や下地処理などの作業をしっかり行った上で、コーキングや錆止め塗料を塗り、さらに中塗り、そして仕上げ塗りと、基本三回の塗り作業を行います。
破風板などの木部も、下塗り→中塗り→仕上げ塗りの計三回塗りです。
建物の隅々まで、きっちりと塗り分け、塗装の仕上げです。

14.確認検査・足場撤去

すべての塗装作業が終了したら、養生シート・メッシュを取り出し、仕上がり状態の点検をします¥。
お客様にも見ていただき、問題がないか指示書と照合し全体をチェックします。
気になる箇所は修正してもらい、満足いく仕上がりでない場合は、塗装業者ときちんと話し合い修正を依頼します。
その際に工事費は、指示書通りでないとか施工業者のミスなどによるものであれば、業者の責任で修正作業をしてもらうのは当然ですが、それが微妙な場合には、どちらの負担になるのかなど、確認を忘れない様にしてください。
問題がなければ足場を解体し、最終チェックをし、すべてを撤去します。
最後に周辺を清掃し工事完了です。
工事休業日をのそいてここまでで約10日〜2週間前後で工事完了となります。