其の一:訪問販売にきた塗料店には絶対に即決してはいけません


訪問販売の行さがすべて悪質業者とは限りませんが、絶対に即決してはいけません。
訪問販売でトラブルが多いのは事実です。
訪問販売にきた業者や営業マンには充分注意して、よく考えてから答えを出しましょう。
「今、決めてくれたら半額に値引きします」などと即決を迫ってくる業者ほど注意が必要です。

其の二:必ず複数の業者に見積もりを依頼しましょう


外壁塗装は相場はあってもわかりにくく、トラブルも多い工事です。
複数に見積もりを依頼することで適正価格を知ることができます。
一社だけではそれが適正なものかどうか判断することができません。
複数に見積もりを依頼して、営業マンや職人と直接話すことができれば、業者との相性などもわかり、納得いく業者選びができるでしょう。

其の三:必ず書面でやりとりすること


契約時に抱いていたイメージと完成後のイメージがずれていたり、工事がスケジュール通りに進まなかったというトラブルが起こりがちです。
気になることは、よく営業や担当者と話し合い、必ずそのやりとりを書面に残しておきましょう。

其の四:塗装の資格や保険を確認しましょう


意外と知られていませんが、塗装業界にも資格があります。

・建設業許可(塗装業)
・一級塗装技能士
・各有資格者(職長研修・足場主任・有機溶剤など)
・雇用保険
・労災保険
・損害保険
・納税対象者

これらの資格を有しているのか、各種保険に加入しているかどうかで、その業者がきちんとしているかどうかがわかるものです。

其の五:アフターフォロー面


工事終了後に不具合や不良が出ないとは限りません。
そした際に気持ち良く「アフターフォロー」応じてくれる会社を選びたいものです。
しっかりしている会社であれば、定期的な点検やフォローする体制が整っているのもです。